電子タバコで口臭を気にしない

仕事で交渉をしなければならない時や、お客さんを説得させなければならないような時に、自分の口臭が気になってしまう喫煙者は多いです。特に、相手が禁煙者の場合は、自分の匂いによって、交渉が破談になってしまったり、お客さんが逃げてしまうことがあるようです。いくら、ミントのガムを噛んだからといって、簡単には、タバコの匂いは口の中から消えません。そんな時に心強い味方が、電子タバコです。特に、喫煙者は大事な仕事の前に、自分を落ち着かせる為に、タバコを吸うことがあります。それを電子タバコに変えてみてください。リキッドの匂いは、自分で選べるので、いろんな香りのものを試してみて、一番自分を落ち着かせる香りを選びましょう。最近では、いろいろなリキッドを試せるカフェもあります。一度、足を運んでみて、この際電子タバコに切り替えてみませんか。

喫煙女性こそ電子タバコ

女性の喫煙者は、女性の社会進出に伴って、年々増えてきています。やはり、仕事のストレスが溜まっているようです。しかし、世の中の男性は、女性のタバコを吸う姿に、あまり好感を抱いていないことをご存知ですか。知らない間に、出会いのチャンスを逃してしまっているかもしれませんね。吸う姿は、かっこいい、という声もありますが、やはり最終的には、タバコの匂いが気になるようです。しかし、禁煙なんて、なかなか上手くいかない、というのが現実です。そこで電子タバコに切り替えてみませんか。電子タバコのリキッドには、もちろんニコチンが入っているので、今まで通り、吸うことによってストレスを軽減させてくれます。このリキッドですが、なんと匂いが選べます。女性らしい甘い香りのものもありますし、ミントのようなさっぱりとした香りもあります。喫煙女性の味方になってくれそうですね。

電子タバコにしてマナーを考える

タバコの吸える居酒屋などで、目の前にいる、彼女や友人が、あなたがタバコを吸った瞬間、咳き込んだり、顔をあなたから背けた、という経験のある方は多いのではないでしょうか。いくら、相手が「タバコ吸っても大丈夫だよ。」と言っても、禁煙家にとって、目の前でタバコを吸われるということは、とてつもなく、嫌なことです。さらにお店の空調によって、タバコの煙が相手の方に行ったら、とても申し訳ない気分になりますよね。そこで、喫煙家の方にお勧めしたいのが、電子タバコです。電子タバコには、リキッドをセットします。このリキッドですが、匂いのないものもありますし、素敵な匂いのものもあります。これさえあれば、相手に煙が行ってしまったとしても、嫌な顔をされることは、ほとんどないと言っていいでしょう。電子タバコにして、マナーについて、少し考えてみませんか。